自分で脱毛する

除毛クリームで脱毛する

jomo除毛クリームを使った脱毛処理とは、薬剤を使って皮膚表面上に生えているムダ毛を溶かして処理する方法です。
脱毛したい部分に除毛クリームを付属のヘラなどで塗り広げ数分おいてから、クリームを取り除くだけで手軽に脱毛処理が行えます。
除毛後の肌はローションなどで整えるとより綺麗な肌が保てます。

除毛クリームで脱毛するメリット

塗って剥がす脱毛ワックスやレーザー脱毛では多少痛みを伴うものですが、除毛クリームは痛みはまったくないというのがメリットになり脱毛初心者向けといえます。
広い範囲も一度にすばやく処理することができるのも魅力です。
サロンで行うレーザー脱毛などは数万円〜数十万円ほどかかりますが、それと比べてどこのドラッグストアでも気軽に購入でき、お値段も1000円前後とお手ごろです。
自宅で好きなときに処理ができ、待ち時間は5分〜10分とスピーディーに処理が完了します。

除毛クリームで脱毛するデメリット

肌の表面だけを処理するのですぐにまたムダ毛が生えてきてしまうため、しょっちゅう処理をする必要があります。
また、ツーンと鼻をつくような臭いがありますので気になる人には向いていません。
肌に優しいと謳っているものもありますが、やはり薬剤ですので肌に合う・合わないはあります。
肌が荒れたりする可能性もゼロではありませんのでパッチテストを行ってから使用する必要があります。
除毛したくない場所以外には薬剤がつかないようにないと髪の毛なども溶けてしまいます。

銀座脱毛口コミランキングなびTOPへ

家庭用脱毛機で脱毛する

katei小型で軽量しかも片手で簡単に操作できるものが大半です。電源は家庭用電源にコンセントをつなぐタイプが大半で脱毛部分によってヘッドを交換するタイプもあります。大多数の家庭用脱毛器は内部のローラーが回転して接触時のムダ毛を挟み込んで引き抜くタイプです。寝ているムダ毛を処理する時には毛の向きとは逆に逆立てるようにして使用します。

家庭用脱毛機のメリット

小型で専用のポーチ付きのものもあります。どこでも手軽に処理したい時取り出せしかも使用方法も簡単なので使い勝手がいいのが一番のセールスポイントです。片手で簡単に扱えるよう軽量のものが大半です。自宅は勿論旅行先や出張先でもバックに入れて持ち運び可能。気付いた時点でお手入れ出来ます。ムダ毛処理の後はローラーについたムダ毛を綺麗に掃除すれば長持ちします。また最近では引き抜く際の痛みを軽減する為にローラーに軽微の叩きの動作が加わった機種もあり、全く処理中にストレスなく処理出来るきるものもあります。

家庭用脱毛機のデメリット

ローラーで挟んで引き抜く処理を行う為に毛の向きとは逆に逆立てながら脱毛を行うと皮膚に傷を作る場合があります。細かいひっかき傷が足などに出来たり、脇の下も処理後に微量の出血が出る場合もあります。処理後にローションなどで皮膚を整えたり、傷がないか確かめたる事を怠ると翌日細かい傷がついた皮膚が赤くなる場合があります。また、処理を行うヘッド部分を水で洗えないものもあります。

銀座脱毛口コミランキングなびTOPへ

ワックスで脱毛する

wax3ワックス脱毛の特徴は、忙しいときなどに、ムダ毛のケアを行いたいといったタイミングで利便性を発揮するのが、ワックス脱毛です。ワックス脱毛の場合、一時的な処理、または応急処置といった、そのときだけムダ毛が処理できればそれでよいといったスタンスで行われるのが特徴です。

またもうひとつの特徴として、ワックス脱毛は、自分で脱毛用ワックスを買ってきて、家で行うこともできるのはもちろんですが、主にエステサロンなどの特定施設でも美容のスペシャリストが施術という形で実施することもあるという点が特徴です。そして、ワックス脱毛は、毛を毛根から抜き取るために、脱毛クリームやシェバーに比べると脱毛期が長いことが大きな特徴です。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛のメリットは、とても経済的であることです。数回から数十回利用できて、値段は数千円程度ででできて、脱毛を頻繁に脱毛を繰り返してもそれほど経済的に大きな負担にならないことです。またあくまでもワックスを添布することが脱毛効果を生み出すので、刃物を使わななくても良いというメリットがあります。

刃物への恐怖心や、誤作動による怪我のリスクもないし、肌を傷つける心配もないことがメリットです。そしてワックス脱毛によって、角質まで除去することができるというメリットがあり、ターンオーバーが潤滑に行われるようになります。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛のデメリットは、定期的に実施しないと意味をなさないということです。また永久脱毛が全盛となっている今の時代の流れからは少々脱している感があるという意味では、デメリットに数えられます。

ワックス脱毛は、ある程度のムダ毛の長さが長くならないと、脱毛の効果が表れないという部分が、デメリットです。

銀座脱毛口コミランキングなびTOPへ

毛抜きで脱毛する

kenuki4毛抜きを使って、自分で一本ずつ毛を抜いて行く方法です。眉毛や脇の毛など比較的太い毛を脱毛するときに使われることが多いといえます。

毛抜き脱毛のメリット

毛抜きを使う方法のメリットは、思い立ったときすぐに行える、ということです。薬局や100円ショップなどで売られている毛抜きがあれば、他に特に道具はいりません。痛みを紛らわすために保冷剤などで冷やしながら行う、という人もいますが、それ以外には何もいらないし、費用が安い方法と言えます。カミソリでそるときのようにお風呂場で石鹸を泡立てたりする必要もないので、鏡のある場所であればどこでもできます。また、根元から引き抜くために、その後新しい毛が生えてくるまで処理の必要がありません。比較的長い期間、毛がない状態を保つことができます。

毛抜き脱毛のデメリット

毛抜きを使って脱毛する際のデメリットは、まず痛みがある、ということです。痛みに敏感な人には、たくさんの毛を一度に処理するのはかなり苦痛となるでしょう。加えて、抜いたときの刺激で肌が赤くなったり、ぼつぼつとした毛穴が目立つようになったりする場合もあります。また、それが原因で埋没毛になってしまう、という場合もあります。また、カミソリやシェーバーを使う方法と比較すると時間がかかるため、広い範囲を処理するのは大変です。鏡を使ってみながらやるので、なれないとうまくポイントを絞れなかったり、利き手ではないほうの手を使う必要がある場所などは、うまく抜けなくて苦労する、といったデメリットもあります。

銀座脱毛口コミランキングなびTOPへ

カミソリで脱毛する

kamisori5カミソリ脱毛は、カミソリさえあれば自分で簡単に行えるので、最もお手軽な脱毛方法だと言えるでしょう。毛抜き方式、レーザー脱毛など他の脱毛方法に比べると費用、時間、痛みの面でもメリットがあります。

カミソリで脱毛するメリット

なんといっても、その手軽さだと思います。痛みもありませんし、費用もほとんどかかりません。費用と言えば、カミソリ代くらいのものです。しかも、カミソリは、スーパーやドラッグストアでも簡単に入手できるのです。

仮に毛抜きや専用の脱毛器で毛を引き抜くと、時間がかかる上に、強い痛みが伴いますが、カミソリで剃るならばこうした痛みとは無縁です。また、脱毛サロンやクリニックにてレーザー脱毛をしようと思うと、かなりの費用も掛かりますし、いちいち予約を取って何度も通わなければなりません。サロンによっては、しつこく高額なプランをすすめられることもあるようですし、脱毛する部位によっては、他人に見られるのは恥ずかしいこともあるでしょう。ですが、カミソリ脱毛でしたら、こうしたことは全くありません。

カミソリで脱毛するデメリット

カミソリ脱毛で処理できるのは、ムダ毛の一部、あくまでも皮膚から出ている部分だけです。ですから、カミソリで処理しても皮膚の中に埋まっているムダ毛の断面が黒く点々と見えてしまいます。特に、ムダ毛が太い方は、毛の断面も大きいことになりますから、当然黒いい点々は目立つことになってしまいます。また、カミソリでムダ毛を処理する際には、肌の表面の角質も一緒に削っていますから、肌へのダメージは避けられないのです。特に毎日カミソリで同じ部位を処理し続けると、肌へのダメージが進行し、黒ずみなどの原因になることもあるようです。

銀座脱毛口コミランキングなびTOPへ