脱毛サロンの勧誘を上手に断るには

勧誘を断る女性
かつて脱毛サロンは勧誘が盛んに行われていましたが、過剰な勧誘が問題となったっこともあり、ここ最近は勧誘の行為自体が少なくなってきています。それでも「もし勧誘されたら」と不安に感じる方も多いと思います。万が一勧誘されたとしても上手な断り方を覚えておけば、脱毛サロンに安心して足を運ぶことができます。

脱毛サロンの勧誘を上手く断る方法

脱毛サロンでの勧誘を断るには、まず自分の意志では契約できないことをしっかりと伝えましょう。夫や両親など、お金を出してくれるのが自分以外であるという事、そしてその人達に相談をしない限り契約できないという旨を伝える必要があります。大切なのは決定権が自分にはなく、お金の出所も自分にはないということを強くアピールすることです。脱毛サロンのスタッフも押しても契約が見込めないとなると、そこまで強引に話を進めようとはしません。

しっかりと自分の意志を伝えることが重要

そしてもう一つ有効なのが、とりあえず今すぐに契約をする気がないという意志を伝えることです。「この後予定があるので、折り返し今日中に連絡をします」「一旦帰って内容をしっかりと確認してから折り返します」など、とりあえず帰宅するけれど返事は必ずするというアピールをしましょう。スタッフも長々と話してもすぐに契約が取れないかもしれないとなると、勧誘を早めに切り上げる可能性もあります。
いずれにせよ、脱毛サロンの勧誘を上手に断るには、しっかりと自分の意志を伝えることです。微妙な態度を取ると相手も脈ありと思って押してくるので、態度をはっきりと示しましょう。