全身脱毛ならここ!銀座の脱毛サロン徹底比較

全身脱毛後の注意点やケア方法は、脱毛サロンに体験に行った際のチェック事項として、施術後のアフターケアがあり、脱毛をした直後、肌表面は熱を持っており、出力の強さによってはうっすら火傷したように赤くなってしまうことがあるので、冷却パックやジェンル、保湿化粧水などで肌表面を冷やすことが大切です。

ヒリヒリする感覚がなかったとしても、毛根を焼くほどの熱を身体に加えているわけですから、施術当日の入浴や激しく汗をかく運動などは避けるようにしてください。

また脱毛の効果をあげるために保湿をしておくことが大切です。大手サロンによっては自社開発の保湿ローションなどを販売しているところもあるようですが、手持ちのジェルやクリームで構いません。

夏場は暑くて保湿を忘れがちですが、紫外線でダメージを受けた肌を労わる意味でも、しっかり保湿をしておき、極端に肌を焼きすぎると施術が受けられなくなるので、日焼け止めなどを使って日焼けしないように注意が必要です。

肌の鎮静化目的の他に、痛みを緩和するためにも保湿ケアは大切で、干物と生魚とでは表面に焦げがつくまでに時間差があるのは一目瞭然であるように、人間の肌も同じようにしっかりと保湿されていると焼けにくく痛みを感じにくくなります。 脱毛期間中は日常の保湿ケアが重要になってきます。

低刺激のローションやクリームなどを優しく塗布してください。強く塗りこむのはよくありませんし毎日続けることが大切です。しっかり保湿された肌はふっくらとして毛穴も目立たなくなるなど嬉しい効果もあります。

夏場は痩身効果やひんやりするローションを使っている方もいるでしょうが、脱毛後の保湿剤としてそれらを使用するのやめた方が良いです。敏感になっている肌には刺激となり、赤く腫れてしまうことがあります。スクラブ剤を使ったりごしごしと肌を洗う事も避けてください。目に見えなくとも脱毛直後の肌はダメージを受けていますから、いつも以上に丁寧に扱うことが大切です。

全身脱毛の施術後のアフターケアは、サロンで行うものと自宅で行うもの2種類があります。

脱毛サロンでは、主に施術後にクールダウン(冷却)や保湿などの肌ケアを行います。施術後はかなりお肌が敏感になっているので、自宅でのホームケアは欠かせません。

自宅でのホームケアで一番大切なのは、当日の入浴を避けることです。お肌への損傷が大きいので、敏感肌の人は避けるべきです。普通肌でも、お肌のほてり、赤み、痛みが気になる時は、入浴をさけて下さい。

脱毛直後は入浴の他にも注意点があります。プールに入ることは肌への刺激が強い塩素が入っているので駄目ですし、肌を火照らせるサウナ、ホットヨガ、温泉なども避けるべきです。また、屋外でのテニスや海水浴など、日焼けによる刺激も回避しなくてはなりません。